1. ホーム
  2. タグ「バーチャル農業ツアー」
  3. 梨なす

梨なす

この記事の場所

梨なすは小型のなすで、丸に近い短卵型をしています。果皮が柔らかく、握り締めると水分が出てくるほどみずみずしく、村松生まれ白根育ちの「十全なす」とよく似ています。「十全なす」と比べると果肉の締まりがやや欠けるようですが、そのぶん漬け物にしたときに柔らかく仕上がる特長があります。十全に比べて夏期の色沢の落ちが少ないことから「黒十全」の名前で下越地方でも栽培されるようになってきています。一夜漬けやからし漬けなどの漬け物として食べるのが一般的です。

備考
食べごろ:6月中旬〜9月下旬
この情報のタグ一覧
バーチャル農業ツアー