1. ホーム
  2. タグ「景観」
  3. 二子山−南側山頂

二子山−南側山頂

この記事の場所

2006年8月5日

川口町で最も高い山「二子山」。標高433.5m。木沢集落のシンボルであり宝である。文字通り二つの頂きを持つ二子山の南側の頂には祠があり鳥居がある。
中部北陸自然歩道の一部でもある二子山遊歩道は、ほぼ真ん中の山頂付近で森ごと崩落し周遊ができなくなった。そこから北側は、震災から2度目の夏、2006年8月20日に地元住民やボランティアの手で修復された。残る南側も2007年8月5日に再び住民らによって修復され、全線が開通した。人に頼らず、身の丈でできることをやる。そんな木沢衆の自立と誇りの象徴である。

場所
川口町 大字木沢
この地点の写真
この情報のタグ一覧
越後かわぐち震央街道
崩落
遊歩道
景観
37.293611138.873611
この周辺の写真